バイオメカニクス理論に基づいた、高品質のインソールをお届けします

こんにちは。


フットケアーラボの根津です。

前回は、足の崩れについてお話しました。

今回は、「靴の選び方」についてです。

 

みなさん、靴選びはどうやってされていますでしょうか?

デザイン、好きなブランド、流行、履きやすさ・・・

そのような基準で買われている方がほとんどだと思います。

実際に、こちらにいらっしゃる方々にもお聞きしますと、

そのような答えが返ってきます。

足に悩みがあるにも関わらずです。

 

それは、足についての教育がなかったこともあります。

「足のサイズは何センチですか?」

と聞くと、「靴のサイズは〇〇㎝です」と答える方が大半です。

ご自分の足にストレスがない靴を選んでいるために、

実際の足の大きさよりも大き目な靴を選んでいるのです。

大きな靴は、靴の中で足がズレる範囲が大きくなります。

タコやウヲノメの原因となることもあります。

 

靴には ”捨て寸” と言って、実際のサイズ表記よりも若干のゆとりがあります。

ご自分の足サイズの靴を選んでいいということです。

 

また、足に体重をかけると横に広がりやすい”開帳足といわれる方、

いわゆる ばんびろといわれる方ほど大き目な靴を選らんでいる方が多い傾向です。

歩いていると指が当たるのでストレスになるワケです。

 

そのような方ほどしっかりとした靴選びが重要となってきます。

靴は、足の骨格を崩れさせないようにしてくれる重要なアイテムです。


次回は、続編でお伝えししていきます。



足のお悩み、お任せください!

カウンセリングを含めまして、靴選びかや日々のケアなどもアドバイスいたします。

お問合せはこちらまでお願いいたします。



フットケアーラボ / バイニーリハビリセンター

045-227-5338

footcarelab@superfeet-jp.com